Switch to Accessible Site
Start the journey now.The best is yet to come.
Woman Standing on Dock
Woman Standing on Docks

Somatic Experiencing®



 
ソマティックエクスぺリエンス®

ソマティックエクペリエンス(SE)とは、ピーターリビーン博士が発見、開発された、画期的で生物学的に理にかなったトラウマの治療法です。

我々が普段経験する感情やストレスは、交感神経や副交感神経などの神経系統を通じて身体に表れます。

身体が硬直したり、心臓がバクバク鼓動したり、手が汗で湿ったり、呼吸が荒くなったりというのは皆さんが経験する分かりやすい例でしょう。

我々の身体は普段流れる速いペースの時間から遠ざかり、ゆっくりと体感覚を研ぎ澄ませて行くと、ちょっとしてストレスでも身体がいろいろ反応していくことがわかります。

これをピーターリビーン博士は身体の神経系統にエネルギーが詰まっていると考え、それを身体から解放することによって、トラウマや不安症、怒り、パニックアタック、鬱までからも回復することが可能であることを発見されました。摂食障害やアルコール・薬物依存などからのパターンの変化などにも応用されています。

また、動物が天敵に襲われてもトラウマにならずに敵から逃れた後、元通りになっていくことを研究し、また人間でもトラウマになる人とならない人の違いを研究されました。 

実際のセッションでは、トラウマの解放の原動力になる自分自身のポジティブな経験地を身体の中で強化するとともに、トラウマの症状を徐々にゆっくりとしたペースで体感覚を頼りにエネルギーを解放して行きます。セラピストがクライアントの皆さんの自己治癒能力を信じながら、皆さんの症状からの解放をサポートします。

対話にってセラピストに理解を求める心理療法と異なり、セッションの多くの時間を身体の体感覚を辿り、その滞ったトラウマのエネルギーの解放が中心となるのが、ソマティックエクスペリエンスの特徴です。

体感覚を辿り、滞ったトラウマのエネルギーを解放することによって、また、クライアントの皆さんのポジティブな経験強化をすることを同時にやっていくことで、トラウマの引き金になった出来事と定的な感情、思考、体感覚と連想をすこしずつ断ち切ってくことができます。ゆっくりですが、トラウマの見方が変わっていきます。

SEは皆さんが普段陥りがちであるネガティブな思考や行動パターンを気づかせてくれることにも役立ちます。そこから体内の滞ったエネルギーの解放に移行していきます。例えば、ネガティブ思考で悩まれている方は、仕事や家庭などで何か嫌なことがあると、その出来事のネガティブな思考が頭から離れない場合があると思います。そういう場合は、何かをしているときにいつの間にかその出来事を考えていたりして、ふっと気がつくと自分がそのネガティブ思考にとらわれていることに気づくことがあるという方は多いと思います。そのネガティブ思考がやってくるのは、人それぞれ違うパターンがあります。ふっと気がつくととらわれているというのが起きる前に、目を細めるとか、顔が下を向き始めるとか、何かしらの身体的シグナルが先行します。それから思考やってくるのです。また、摂食障害の方が、食べてしまって吐くのが習慣となっている場合、そこには必ず、身体感覚やわずかな身体の動きがあり(下をうつむき始めたり、目を細めたりなど)、それとほぼ同じくしてネガティブ思考や身体と心の乖離がやってきます。
これらのような人それぞれのパターンを把握していき、それからそのパターンを変えていきます。普段のパターンを変えることは、最初心と体が嫌がります。時間をかけてそれらに注意を向けていくと、いろいろなものが心と体で起きていることがわかってきます。それらをSEのエネルギーの解放によって徐々に新しいパターンを構築していくのです。



こちらは、日本ソマティックエクスペリエンス協会のウェッブサイトです。

さらに詳しい内容やクラスの日程などが書いてあります.  

参考にご覧くださいませ。  www.sejapan.org/index.html 

こちらはアメリカのSE協会のウェッブです。www.traumahealing.org/index.php


Schedule Appointment

Start your new path in life and be the change today!

CLICK HERE